2017年 06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
2017年 07月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
 

長年リーガロイヤルホテル東京の鉄板焼で腕を振るって来た敏腕シェフ。


シェフの宮地は一昨年「鉄板焼宮地」を銀座5丁目みゆき通りにオープンさせ東京カレンダーや大人の週末、王様のブランチなどで熟成和牛の達人として取り上げられた実績もあり、和牛にドライエイジングを施し、和牛の産地や血統にまでこだわりをもっている。

50日とういう長い期間じっくりろ熟成させた肉はあたかもブローチーズを髣髴させる香り豊かで濃くの奥深い物に仕上がっております。


ドライエイジングの良さを銀座という表舞台で広め食肉業界に貢献したいとシェフは言う

伊豆の黒鮑は舌の上で飛び跳ねるように柔らかく心地良い潮の香りが最高だとシェフは言う


野菜は無農薬・低農薬にこだわった信州の北原農園から北原社長自ら納品される念の入れようで、その他にもシェフの生れ故郷の因島から野菜や新鮮な魚介も送られてくる。

オードブルルからデザート、ソース類に至るまで全てシェフのオリジナルで楽しみながら料理を作ってる感満載。もちろん一切手抜きはない。



シェフ宮地の紹介はこちらをご覧ください。



ページトップへ